ストレングスファインダー受け直してみた【メモ】

ひさ〜しぶりに、ストレングスファインダーを受け直して34の資質全部の順位を出した。

以前受けてからしばらく経つので、簡易的に変化をメモ。

※本来、ストレングスファインダーは受け治すものではありません。

 

【1回目】2016年4月

※5つのみわかるver

1.戦略性

2.学習欲

3.内省

4.運命思考

5.着想

 

 

【2回目】2022年1月(30歳)

※34個全部わかるver

1.運命思考 (↑)

2.内省 (↑)

3.共感性 (↑)NEW

4.学習欲 (↓)

5.責任感 (↑)NEW

 

今回初めて見えた5〜10番目の資質

6.適応性 NEW

7.慎重さ NEW

8.親密性 NEW

9.着想 (↓)

10.成長促進 NEW

 

前回あったもの

12.戦略性 (↓)

 

けっこう変わったような、変わってないような。

ちょっと時間をかけて解釈していきたい。

人に何かを与えられる人って、

人に何かを与えらる人って、そもそも条件があるかもしれないなと思ったのでメモ。

 

人から感謝の言葉を言われたとき、

実行したのは私だけど、色々探してくれた人は他の人だったので

「色々探したのは私じゃありませんよ。◯◯さんですよ」と何気なく答えた。

私としては事実をただ述べただけだったけれど、手柄を自分のものにせず他の人に譲れることが素晴らしいと逆にまた褒められてしまった。

 

そのときになんとなく思ったのは、

私が最初に褒められて「違いますよ」とすんなり言えたのは、その人間関係やコミュニティのなかで「確実に私は必要とされている」という確信と安心感があったからなんじゃないか、と思った。

自分を取り繕ったり、アピールしなくても自分はここにいてもいい、価値があると、他の人から言われなくても理解できているから、

「余分に評価をもらわなくても大丈夫」と思えて言葉にできているのかもしれない。

 

相手が言いたかったのはそんなこととは関係なく、人を立てられる・手柄を横取りしない精神を誉めたかったのだろうとは思うのだけど、

私としては、まず何事も最初に自分を満たしてあげることが心の余裕と他者への思いやりにつながるのだろうから、まず自分がどうやったら最低限満たされるかを自分で考えて行動することが必要で、他者へと思いやりを配れる環境に自分でして行ったほうが良いんだろうな、ということだった。

文鳥が愛を教えてくれた。

明日、共に暮らす文鳥に再び会える。楽しみとワクワク。
ただ、痩せてないか、寂しい想いをしてないか心配。
部屋の大掃除の続きをしてから迎えに行きたい思いと、たっぷり明日は一緒に過ごしたい思いと、半々。

とにもかくにも、自分より大切にしたい相手の存在は、自分に潤いを与えてくれるね。

今年4歳になり確実に「折り返し」の命なので、より一層1日1日を大切にしていきたい。

一生のパートナーって

「この人となら不幸になってもいいな」と思える人と、一生共に人生を歩んで行きたいと思っていたけれど、

自分のことではない、誰かの不幸や社会の不幸に対して自分の心が押しつぶされそうなときに、

思わず思い浮かべる人、祈るように抱きしめあいたくなる人が、一生のパートナーなのかなあって、ふと、思った。

そんな人は、一生のパートナーじゃないかもしれないけれど、人生において代え難い存在の人であるのかもしれない。

 

無性に、もう一度会いたい人がいる。

【雑談】カタチから入っても動き出せたらいい

今年も残るところあと3ヶ月。

そろそろ来年の手帳もほしくなるところ。

 

私はタイムラグをとるため、ここ数年週間バーチカルタイプの手帳でやってきた。

今回も週間バーチカルの手帳をあーでもないこーでもないと見ながら検討していたところ、たまたま「ミーツプランナー」というものがあると知った。

https://labclip.jp/meets_planner/index.html

 

しばらく更新できてないけど、習慣化リストでやってるやつだった。(今はカレンダーにシールを貼っている)

しかも、これは2-3ヶ月分しかないそうで、飽き性の私にでもなんとかなりそうだった。しかも1冊1000円くらい。続かなくても安心だ。

 

ものは試しだ!とAmazonでポチ。

習慣化したいことを目標設定して毎日やったかやってないか記録をとるのは、すでにやってきてはいるけど、新しいツールを取り入れるとなると少しワクワクと期待が持てる。

カタチから入っても動き出せたらいいかな〜と思う。

【雑談】ほしいもの→手に入れるものの整理

こんばんは。

今日はあまり深く考えずに書きます。

 

今日は「欲しいものを整理する」をやりたいと思います。日々つらつらと「これほしい」「あれほしい」と考えつつ、手に入れていない・実行していないものばかり。

自分の頭の整理のために、自分の中での優先度を考えてみようと思います。

 

今回は「マッピング」で、

①急ぎでほしい(緊急度高い)⇔いつか欲しい(緊急度低いが憧れあるもの)

②実用性⇔憧れ

の2つの軸で考えてみました。

f:id:hrkmkiz:20210810000748j:image

 

こっからどうするかな〜というのが悩みどころ。

 

 

ついついやってしまうのが才能

 

f:id:hrkmkiz:20210807010407j:image

8月に入り、目標を定めてから、やる気のリハビリ中。

やっぱり目指すべきものを作っておいたほうが、メリハリが効きやすい。怠惰な人間なので。

 

最近、「みんなの才能研究所 みんラボ」というPodcastを毎週楽しみにしている。

才能をテーマにしたこの番組は、「やる気が出ないな、自分ってなにができるんだろう」という私にグサグサ刺さる。

 

その番組で言っていた才能の定義がなるほどと思った。

才能は、誰しも持ち得ない特別なものだと思われがちだが、そうではなく、誰しも持ち合わせているもので、「ついついやってしまうこと」だそうだ。そこに、他者より優れている、という比較は不要。

 

私が「ついついやってしまうこと」といえば。自分はけっこう「物事の簡略化・気づき」と「簡略化して伝えること」が得意でそこを評価されることが多い。そのあたりは、ついついやってしまう。

 

他にも自分でついついやってしまうこと、探してみたい。